熟女出会い

アラフォー・アラサーそれ以上の魅力の出会い

おばさんの魅力を語ります。

 

一昔前までは、熟女というと「おばさん」って感じで、どちらかといえばちょっと見下した感があったかもしれません。

 

あくまでも私見です。異論のある方も勿論いるとおもいます。

 

しかし、今や、「じゅくじょ」という言葉は、ある種のステイタス的に地位が向上しています。

 

女子高生ブランドと言われますが、熟女ブランドといってもいいでしょう。そして、実際にエロい大人の熟女女性がモテるんです。

 

熟女出会いもネットで人気ですし、彼女達との出会いを求めるナンパ師もいます。

 

そして、熟女や人妻専門の風俗店も乱立してにぎわっているみたいです。以前に風俗の店長に「どんな客が来るのですか?」っと聞いたら20代が多いとのこと。

 

癒しを求めているようです。最近、草食系男子が多いと言われますが、それと関係あるのでしょうか?

 

もしかした、風俗に来ながら抜いていないのではないかと言う想像もしてしまいます。

 

いずれにしても、アラフォー・アラサーのエロい大人の女性目当ての出会いでネットは、賑わっています。

 

熟女と言われたら、どう思う?

 

熟女とは?

 

国語辞典には次のように書かれていました。「30歳から30代の、成熟した色気の漂う女性」

 

私がもしも、赤の他人から「あなたは熟女ですね」と言われたら、はっきり言って、その人の人柄を疑ってしまうでしょう。

 

熟女という言葉は女性目線でみた場合、あまり好感のもてる言葉ではないように思うからです。

 

性的な言葉が含まれているその言葉は、芸能人や水商売をしている方が言われる場合は、魅力的な女性とみられるけれど、一般人はどうでしょう?

 

普通の主婦やOLさんがその言葉をかけられた場合、あなたとの距離を置こうとするでしょう。

 

なぜなら、性的対象にされたのかと疑うからです。

 

そこまで考えなくてもいいのにと男性は思うかもしれませんが、女性の場合は、性の対象にされることを特に嫌います。

 

男性は脳でものごとを考えるけれど、女性は子宮でものごとを考えると言われています。

 

これは、どういうことなのかといえば、女性は嫌だと感じたら理屈ではなく嫌なのです。つまり生理的に嫌だと思うことは、嫌だということです。

 

しかし、好きな異性に二人だけでいる時にその言葉を言われたらどうでしょう?

 

同じ言葉でも、こちらが好意をもっている男性かそうでない男性かの違いで、女性は態度も言葉も違ってきます。

 

好意を持っている男性から「熟女ですね」と言われた場合、私を女性としてみてくれていると思ってしまうのです。

 

これが、ひとたび嫌いな人になると「熟女ですね」と言われると、その場からいち早く逃げたくなってしまうのです。こう書いていくと、女性は勝手な生き物だと思うかもしれません。しかし、心に素直に生きているともとれますね。

 

また、好きな男性が私も知っている人のことを「あの人は熟女です」という言葉を聞いた時、どう思うでしょう?

 

まだ、好きになったばかりだと嫉妬心がわいてきます。これが月日がたつと不思議と、気持ち悪いになってしまうのです。まさに女性は勝手な生き物なんですね。

 

熟女という言葉を言われた場合、進行形の好きな人に言われたら女性として認めてもらえたと飛んで喜ぶけれど、その人が好きでなくなったら、その言葉はとても気持ちの悪い言葉になってしまいます。

 

気持ちの天秤があなたへ傾かなくなったらそれは危険信号です。絶対に「あなたは熟女ですね」なんて言葉は言ってはいけません。

 

なお、芸能人や水商売の方にいう場合は、とても喜ばれる言葉ではないでしょうか?

 

しかし、私は「熟女ですね」と言われたことは、今までなかったです。

大人の出会いを求める人気の

熟女出会い掲示板