熟女出会い

エッチな再開

サークルの女性の先輩と職場で再会
大学時代、イベントサークルに入っていました。そこで出会った熟女の話です。

 

私と3年先輩のその熟女は別の大学のサークルに入っていましたが、同じ系列の大学サークル同士で、年に何回か合同練習や大会などの掲示板での交流があります。その熟女は、当時その大会のまとめ役をしており、とても目立っていました。

 

合同練習で当たると、優しく教えてくれて、ちょっと素敵だな、と思っていましたが、当時は私には、彼女がいました。

 

大学を卒業したものの就職をせずにアルバイトをしていた私は、大学の同期の友人の紹介で、ある企業の資料室でアルバイトをすることになりました。資料室には、社員の方がプレゼンやその他の仕事に使う資料を借りに来ます。資料室は若い女性職員が多かったため、明らかにお目当ての女性に会いに用もないのに足しげく通ってくる男性社員もいました。

 

アルバイトを初めてじきに、私は当時付き合っていた彼女と別れてフリーになりました。すると、それまで興味が無かった女性社員に目が行くようになります。
何人かの社員の方に食事に誘われましたが、お付き合いまでは発展しませんでした。

 

そんな中、大学のサークルのOBでバーベキューに行く機会があり、そこで友人から「先輩ってそこの会社にいるよね?」と言われて、初めてその熟女が今の会社に就職していることを知ったのです。彼女は珍しい苗字だったので、すぐにどこの部署で働いているのかわかりました。

 

運命の出会いだと思いました。
そしてちょうどその数日後に彼女が資料の問い合わせに来たので、サークルの後輩であることを話すと、驚いた様子でした。私のことは記憶になかったようです。特に強くもなく、目立たない一年生でしたから。。

 

数日後に、偶然に帰り道で会って、食事に行き、連絡先を交換。アルバイトの私と熟女の夫が食事をして割り勘というのには多少、引きましたが、仕事に対する情熱や、父親を早くに無くしたため、同年代の男性よりずっとしっかりした考え方を持っている人だということがわかって、惹かれていきました。

 

その一か月ぐらい後、社内サークルの旅行があり、資料室の同僚に誘われて私も参加しました。彼女も来ていて、旅行中は一緒に行動しました。旅行には、彼女に気がある様子の社員や私に言い寄る社員もいましたが、結局、旅行が終わるころには私たちは公認の仲のようになっていて、帰りは夫の車で家まで送ってもらいました。
その帰りの車の中で、正式に交際を申し込まれて、結婚を前提としたお付き合いをすることになりました。掲示板での交流も続いています。


大人の出会いを求める人気の

熟女出会い掲示板