厄年熟女出会い系

女性の厄年

熟女女性の厄年とは一体いくつなのでしょうか。
男性でいうと一般的に数え年で、25、42歳といわれ、女性の厄年は19、33歳と言われているそうです。また厄年には前厄と本厄後厄とあり、厄年の中でも33歳の年は散々な年とま呼ばれており、32歳〜34歳は特に注意が必要だそうです。また自分に何も起きなくても、周りに不幸が起こる場合もあるらしいので、厄払いにいかないと落ち着かないという人もいるそうです。
こういった厄払い等の風習は平安時代から始まったと言われているそうで、昔は大半が10代〜20代前半で子供を産み、33歳では子育ても落ち着きだした頃に卵巣の老化による影響からか婦人科系の病気にかかる女性が増えたり、また男性はがむしゃらに家族のために働き続け、がたがくる40代あたりから内臓系の病気や、ガンになる事が多かったことから、神にお祓いを受ける様になったそうです。
しかし、必ず災厄がおきるなどの根拠は全くなく、ただの風習でもあるので、厄払いに必ず行かないといけないという訳でもないですが、平安時代から始まっているこういった厄払いの風習が今も大切に行われているという事はやっていた方がやらないよりはいいのではと思う人が大半の様です。
神頼みという言葉があるように、やはり日本人は神様を大事にする人が多いので厄払いにちゃんと行かれる人が多いそうです。熟女の域に差し掛かった私もちゃんとお祓いを受けようと思います。今年は、いろんな出会いがありますように。

大人の出会いを求める人気の

熟女出会い掲示板